導入例

声紋認証によるクレーマー対策

特長

クレーマーの録音された音声を分析し声紋情報を抽出、本人認証DBに音声モデル(声紋情報と個人情報)を登録します。
次回通話時に入力された音声を事前登録された本人認証用DBの音声モデルと照合し、登録者本人(クレーマー)か否かを判定します。

導入イメージ

声紋認証システムにより登録済顧客かクレーマー・不審者かを識別

使用システム

 
もどる
ページトップ